FC2ブログ
彩りんのSM小説連載サイト。当サイトのSM小説を読んであなたもヌイて見ませんか?【注】重くてページの上の方しか表示されない時は10秒位待てば下の方まで表示されます

<CM>
▼セル動画サイトDUGAは多数のアナル、浣腸、SM、陵辱作品が一作品300円からの価格で購入して見ることができるサイトです


アダルト動画 DUGA -デュガ-
詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ


30日間3900円で、DUGAの月額番組「ソフト・オン・デマンド」では、きれいな女優の作品など4500本以上の作品の中から見たい作品をダウンロードして視聴できます      
ソフト・オン・デマンド
詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ


▼人気浣腸・スカトロ動画
▼新着順浣腸・スカトロ動画-右向き▼をクリックすると動画再生、動画またはテキストをダブルクリックすると動画ページが表示されます
▼人気アナル動画
▼新着順アナル動画-右向き▼をクリックすると動画再生、動画またはテキストをダブルクリックすると動画ページが表示されます
▼人気SM動画
▼新着順SM動画-右向き▼をクリックすると動画再生、動画またはテキストをダブルクリックすると動画ページが表示されます      
▼人気M男動画
▼新着順M男動画-右向き▼をクリックすると動画再生、動画またはテキストをダブルクリックすると動画ページが表示されます

〓〓〓〓〓〓〓 年齢認証 〓〓〓〓〓〓〓
18 歳以上18 歳以下


ENTEREXIT

コンテンツ一覧

旧コンテンツ一覧
新着記事 SMアナル小説 SMアナル画像 SMアナル動画

過激なリンクラ
[CM一覧-動画]当サイトは広告収入で運営しておりますので、よろしかったらごらん下さいませ。なお、当サイトでは著者が確認して安心して利用できるサイトしか、広告(CM)として掲載しておりません。(^o^)
一作品からの販売(修正あり)

一作品からの販売(無修正)
アナルファック(2P・3P)フェチ(無修正)
アナル・脱糞・スカトロフェチ(無修正) 素人フェチ(無修正) 熟女フェチ(無修正)
<CM>
▼アナル責め、浣腸、排泄、おなら、過激なSM責め、M男などマニアック、フェチな国産セル動画を見たい方は、JADENETをどうぞ!


詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ


[CM]無修正動画を一作品ずつ買おう!
カリビアンコムプレミアムアナルファック動画




<リンクラ>

Powered by Ayapon RSS! オススメ 風俗求人半蔵 カリビアンコム


相互リンクサイト相互リンク申し込みはこちらから-貴サイトの目立つ所にリンクしてくれたら相互リンクします!
SM・官能小説サイト アクセスランキング
新・SM小説書庫
-主に女子高生を調教する小説を掲載しているサイト
SM小説 被虐願望
-被虐感たっぷりの小説が掲載されてあるサイト
悪夢の館
-女流作家悪夢さんの本格的なSM小説掲載サイト
ひとみの内緒話
-女流作家悪夢さんの本格的なSM小説掲載サイト
SadoのSM小説 姦女真紅
SM系サイト
変態家畜豚の飼育小屋
-M男包茎豚さんの日々の行為の記録
刺激的異常性欲なアブノーマルの世界
-過激なSM画像やSM動画へリンクしているサイト
みほの奴隷生活
アナルファック動画Z SM狂乱拷問動画像
排泄物マニアな異常性欲
;;;sm night;;;夫婦で結ぶ、主従関係 SM性癖美
調教倶楽部
-素人参加型輪姦サイト、自己責任でご利用下さい
スパンキングとSM
官能小説系検索サイト
正しいH小説の薦め
-官能小説サイトとその新着・更新情報を掲載しているサイト
官能小説ネット
-ジャンル別官能小説サイト検索・更新情報掲載サイト
Adult Novels Search
-ジャンル別官能小説検索・更新情報掲載サイト
MEGURI-NET
-アダルトサイト可のジャンル別小説・イラスト掲載サイト検索エンジン
HIMEGURI-NET
ヒメグリネット
-18禁CG、小説、同人サイト検索エンジン
Trans Novel Search
-トランス小説検索サイト
ヌケルアダルト作品(官能小説更新情報掲示板)
-ヌケルアダルト作品のあるサイトを紹介しているサイト。官能小説更新情報掲示板は官能小説サイトを運営している方はご自由にお使い下さい
官能文書わーるど
SM系検索サイト
SMポータルSM Fantasy
-SM系サイトの検索エンジン
検索エンジン SM BOOK
アダルト検索サイト
エログちゃんねる
妄想系インデックス『創魂』

-オリジナル・二次創作サイトの検索エンジン
アダルト検索よしまるさーち
エログー
FC2ブログランキング
人気BLOGRANK
-アダルト

<コンテンツ-新着記事一覧とカウンタ>
* 当サイト新着記事一覧 *
 ・06-26  ※上げへ
 ・06-19  ※「美人看護師肛姦記」を最後までごらんになって下さった御礼
 ・06-12  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 最終話:腐れ縁
 ・05-06  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第98話:追いついた森山
 ・04-08  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第97話:信長の恐るべき正体
 ・03-03  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第96話:亜希のトラブル
 ・01-29  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第95話:大河内の怒り
 ・01-08  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第94話:大河内館からの脱出
 ・12-24  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第93話:亜希の驚き
 ・12-17  ※【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第92話:宴の終わり
since2008/06/20ページビュー数 現在の閲覧者数:

[CM]アナルファック、2P、3Pの無修正動画を見よう!
▼アナル姦動画が楽しめるサイト「カリビアンコム」:安心して利用できるD2PASS対応サイトのNO.1人気無修正動画サイト「カリビアンコム」では、きれいなAV女優がアナルファックや二本差しをする動画など、230本以上のアナルジャンルの高画質動画が円高で格安の価格で入会(ドル決済入会)して視聴できます(2011年10月現在)

「カリビアンコム」のアナル動画リストはこちらをクリック!

・動画本数 2644本(アナル231本) ・更新頻度 週6本 ・画質 1600~4000kbps(ハイビジョン) ・ダウンロード 速度は十分(5ファイルまで同時にDL可) 一日4Gまで可 ・料金 30日:US49.5ドル 60日:US90ドル 90日(VIP):US130ドル 180日:US250ドル ・退会 退会したい日の一週間前までに入会ページから行う

著者もクレカでの入退会経験がある(現在入会中)安心して利用できるサイトなので、よろしかったら入会してかわいこちゃんのアナルファックや二本差し動画を楽しんで下さいまし。(^o^)/

★「カリビアンコム」で著者が抜けたアナルファック動画3本↓
▼美人AV女優が必殺の二穴ファック!-「二穴革命 石黒京香」

詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ

▼清純派の女の子が生まれて初めてのアナルファック?-「初アナル物語 平沢里菜子」

詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ

▼美少女メイドとのアナルファック-「メイドインラブ 阿立未来 」

詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ
▼「肉尻・アナル姦マニアのサイト」はアナル責め、生チンポアナル挿入、二穴挿入などの多くの無修正のアナルファック動画が楽しめるサイトです
肉尻・アナル姦マニアのサイト
詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ

●「肉尻・アナル姦マニアのサイト」のおすすめ動画
肉尻・アナル姦マニアのサイト
<コンテンツ-コンテンツメニュー>
■コンテンツメニュー
●現在定期的に更新しているコンテンツ
▼文字でヌクコンテンツ

著者オリジナル小説:SMアナル凌辱官能小説

2012/06/12UP!美人看護師肛姦記 最終話:腐れ縁


★最新記事以外をごらんになりたい方は目次へ!:連載中
まさみ第二部第1話 異変(1)


★第2話以降もごらんになりたい方は目次へ!:完結作品
まさみ第1部第1話 誘拐


★第2話以降もご覧になりたい方は目次へ!:完結作品

▼画像でヌクコンテンツ
美人のアナル 2011/10/05UP!カリビアンコム「美人アナル薄命 黒木かえで」

2011/08/14カリビアンコム「制服美女倶楽部 Vol.14 木下アゲハ」  2011/07/30カリビアンコム「THE 未公開 進藤みか」  2011/07/22カリビアンコム「猟奇的JK誘拐集団 真崎寧々」  2011/07/13カリビアンコムの浣腸と排泄 田中梨子  2011/07/07カリビアンコムのサンドイッチファック 羽月希  2011/06/28カリビアンコムの大槻ひびき 2011/06/22カリビアンコムの真崎寧々ちゃんのアナル 2011/06/17カリビアンコムの長谷川なぁみのアナル 2011/06/15カリビアンコムの真白希実 のアナル
美人にイラマチオ・ぶっかけ 2011/07/28UP!カリビアンコム「エロ天使降臨 羽月希」

  2011/07/05UP!【美人にぶっかけ】カリビアンコムの檸衣(れい)  2011/06/25カリビアンコムの真崎寧々ちゃんにイラマチオ

▼動画でヌクコンテンツ
DUGA】のオンラインサンプル動画!

スカトロ編
2011/10/15UP!【アナル-放屁】素人フェチ図鑑 おならヌード5

2011/10/09【アナル-オナニー】極太アナルディルドオナニー Vol.2  2011/10/08【アナル-放屁】こんな女子校生がいたらスゴイ!! 女子校生の屁ver.3  2011/10/02【アナル-放屁】FartStyle スタイリッシュに女の屁3  2011/10/01【スカトロ-自然便】素人ナンパトイレ号がゆく 外伝 ガールズうんち Super  2011/09/10【アナル-放屁】FartStyle スタイリッシュに女の屁3  2011/08/12【アナル-放屁】大放屁 12人の女性による411発のオナラ  2011/08/11【アナル-放屁】空気浣腸で強制放屁 ~私のおならはこんな音~  2011/08/05【SM-キャットファイト】第二回 SSSGPグランプリ 準決勝B  2011/07/29【スカトロ-自然便】検便排泄クリニック1  2011/07/26【スカトロ-自然便】素人娘の野糞1!  2011/07/19【スカトロ-自然便】自画撮り!浣腸してウンチ出すとこ見て下さい!  2011/07/12【SM-腹パンチ】砂の果実・苦痛  2011/07/06【スカトロ-浣腸】元雑誌モデルの下痢糞大爆発 2011/06/30【イラマチオ・浣腸】浣腸噴射ベスト モザイク解禁バージョン 2011/06/26【スカトロ-自然便】超極太うんこで切れ痔  2011/06/23【スカトロ-自然便】素人娘の自然便6  2011/06/20【スカトロ-自然便】素人ナンパトイレ号がゆく 外伝 熟女脱糞Hyperrrrrrr  2011/06/16【スカトロ-自然便】とにかく太い!! 一本糞しかしない女!!

2010/06/15【SM-緊縛・浣腸】しつけてください 若妻・奴隷志願 あゆみ25歳【ドリームチケット】  2010/04/08【SM-腹パンチ】モデルスクラップ2【ボディーゾーン】  2010/02/18【アナル】2穴同時イカセ 拘束アナル椅子 大塚咲【ナチュラルハイ】  2010/02/14【スカトロ】自然便【ゼウス】  2010/01/23【スカトロ】「貴女のウンコ見せてください!」【オフィスケイズ】  2010/01/28【浣腸】「浣腸遊戯11 松下ゆうか」【グローリークエスト】  2010/01/19【SM-顔面嬲り】「悦虐美人 猛烈!!快感顔面嬲り かれんももか」【富士企画】  2010/01/13【SM-水責め】美少女水責め溺地獄【変態志向】  2010/01/07【SM-腹パンチ】「蔵出し映像」【BodyZone(ボディーゾーン)】  2010/01/05【SM-イラマチオ】「緊縛イラマチオ2 10人の口便器女」【CORE(コア)】  2010/01/04【アナル】「アナル拷問 ~最終章~ 美波さら」【ディープス】  2010/01/02【スカトロ】「Tokyo Excretion Style 東京排泄スタイル」【ナチュラルハイ】 2009/12/31【浣腸】「野外露出浣腸シリーズ2 巨大糞塊お漏らし」【若の部屋】
▼リンクラ:テレクラ(昔あった)のまねしです
ためになる各種相互リンクサイト
●現在更新していないコンテンツ:以下↓
▼画像と動画でヌクコンテンツ
ジャンル 最新記事

【NEO MiRACLE】の無修正SM・アナル・浣腸動画
動画を画像を使った記事で説明。サンプル動画視聴可
2010/06/27UP!「熟女調教~女王様による甘美なる調教~1 村瀬真佐子」


2010/06/10「ロリ犬調教 成瀬未久」  2010/05/27「淫嫁の飼育浣腸 ~宙吊り他人輪姦~ 藤村朱美」  2010/05/13「[VIP]熟女露天風呂羞恥浣腸調教 大友幸恵」  2010/04/29「J●L浣腸エアライン   葛城裕子」  2010/04/23「妄想浣腸と変態人妻 松原寛子」  2010/04/09「浣腸奥様  中村梨佳」  2010/03/30「浣腸と狂宴の果て 黒田浩子」  2010/03/19「ある女医の願望と妄想1~浣腸をしてください~ 真由美」  2010/03/07「リクルート羞恥浣腸面接 佐川晴美」  2010/02/27「欲望した浣腸夫人の電影(メッセージ) 安藤優香」  2010/02/24「穂花の調教日誌 長嶋穂花」  2010/02/09「緊縛アナル虐め ~バスガイド姦通~ 佐藤早苗」  2010/01/31「ファミレスウエイトレス ~拡張アナル被虐絵図~ 小川まみ」  2010/01/26「De●●ys若妻ウェイトレス凌辱 ~唇から溢れ出る精液~ 安藤優香」2010/01/12「偏執愛/奴隷輪姦~ふやけるほど嬲られて~ 稲葉美紀」  2009/12/30「OL羞恥調教~残業の浣腸レッスン 真崎 奈保」  2009/12/20「東京M妻緊縛6 ~悦虐羞恥浣腸~ 長野久美」  2009/12/06「離婚調教アナル責め~愛情と裏切り~野村あゆみ」  2009/11/23「淫無限浣腸~憧れの同級生の前で~ 辻芙由子」  2009/11/08「我慢できないアナル地獄 野村あゆみ」  2009/11/03「新米英語教師の真実 ~アナルの涙橋~ 千葉直子」  2009/10/25「MiRACLE(ミラクル)史上最も大量に浣腸注入したアナル 千葉直子」  2009/10/20「女子校生 緊縛放尿乱舞 坂本千尋」  2009/10/11「女子校生アナル陵辱 ~被虐着衣緊縛~ 宮田有紀子」 2009/10/03「続・新潟淑女調教 ~着淫れ排泄人形~ 塚本郁子」  2009/09/20「東京M妻緊縛7 羞恥浣腸責め 美枝」  2009/09/13「浣腸∞地獄 doc●mo販売員 ~涙の汚辱噴出~ 石井成美」  2009/09/06「監禁doc●moショップ販売員 ~汚辱の精液~ 石井成美」  2009/08/30「新潟淑女調教【零】~囚われの自虐愛~ 塚本郁子」  2009/08/23「聖奴隷人形理論Ⅱ -東京SM倶楽部赤坂蝶-」  2009/08/15「MiRACLEを訪ねてきたM女性達 人権剥奪の記録簿Ⅰ」
カリビアンコムプレミアム】のオンラインサンプル動画 [最新記事]2010/03/21UP!【アナル】 石黒京香 MUGEN EGALS #14【MUGEN エンターテイメント】  2010/03/10【アナル】まひるゆう Sky Angel blue 11 Part.1
DMM】の約1分の無料サンプル動画! [最新記事]2010/04/14UP!【SM-浣腸】女スパイ暴虐拷問室 藍花【シネマジック】
Hey動画】の長編サンプル動画 [最新記事]2010/04/15UP!【アナル】フルロード19 埼玉ギャル【Night24.com】

<コンテンツ-旧コンテンツ>
◆旧コンテンツ:過去に更新していたコンテンツ
▼画像と動画でヌクコンテンツ
【カリビアンコム】のSM・陵辱・アナル動画
画像を使った記事で動画を説明。サンプル動画視聴可
2009/08/30 「獄畜5~美女の恥肉塊~ 菜菜美ねい
▼画像でヌクコンテンツ
SM、アナル、浣腸、陵辱画像
2009/08/13 SM画像・動画サイト「このメス豚がぁぁぁ!!」のHV025 あんずの画像 2009/08/04 SM画像・動画サイト「このメス豚がぁぁぁ!!」のHV026 山下陽子の画像
▼動画でヌクコンテンツ
浣腸
アナルセックス
陵辱
【DMM】のヌケた動画紹介
「メス豚2」のヌケタ動画紹介

[CM]アナルファック、脱糞、スカトロの無修正動画を見よう!
トリプルエックス(XXX)は、アナルファック脱糞スカトロなどの動画が多数見られる業界最大本数の無修正動画サイトです。また、このサイトはテレビに出ているあのアイドル女優の動画や画像が拝めたりとなかなかユニークな動画をたくさん取り揃えています。
こんなサイトが、30日間35ドル=○円で10000本以上の動画が見放題です!
完全無修正動画

▼SM動画サイト「メス豚」に増えてきたレイプ動画、これがなかなかはまっちゃうかも、よかったら一度サイトを見てみませんか?SM動画はますます過激になって、それにレイプ動画が加わった、SM・アナル・スカトロ・レイプ動画専門サイト「メス豚」は、著者も入会経験のある、安心して利用できるDTIグループのサイトです


詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ


●「メス豚2」のおすすめ動画

古村井沙英
海水浴でギャル強襲!!

邦正乃梨子

【2/2】人身売買倶楽部<リスト2>アナル責め地獄

槇村かおる

【2/2】人身売買倶楽部<リスト3>四十路の身体を張った交渉術

愛肛者に捧げるアナル・スカトロサイト「マニア王」
女も男もアナル快姦



▼単品作品から購入できるアナル・スカトロサイト「黄金伝説」




うんこたれは素人娘の晴れ姿が見られるサイトです


<コンテンツ-小説目次>
■彩りんの小説一覧と目次

▼「美人看護師肛姦記」

第1話 裕子との出会い第2話 裕子と過ごす夜第3話 愛の告白第4話 男と女の関係第5話 選択第6話 衝撃第7話 愛の無力

第8話 青のスカイライン第9話 謎の洋館第10話 鞭の洗礼第11話 ねらわれた胸第12話 地獄のクンニ第13話 山岸との対決

第14話 パイズリとセックス第15話 匂いと味第16話 嬲られるアナル第17話 浣腸がいや!第18話 浣腸拒否の代償第19話 哲也の脅し

第20話 トイレに行く方法第21話 崩壊第22話 追加の浣腸第23話 アナル拡張第24話 屈辱第25話 遼の後をつける探偵亜希

第26話 責められる亜希第27話 ギロチン台第28話 浣腸される亜希第29話 新たな出会い第30話 亜希の決意

第31話 亜希条件付き解放第32話 裕子への浣腸第33話 再びアナル調教第34話 究極のアナルプレイ第35話 亜希の行動

第36話 遼の決心第37話 スーパーリブにて第38話 亜希達の追跡第39話 捕まった遼第40話 再び館へ

第41話 元プロレスラーとの対決第42話 現れた館の主第43話 脱出のための戦い第44話 恨みのヘッドバット第45話 女の命

第46話 腹パンチ第47話 引き裂かれる愛第48話 裕子の選択第49話 女の失神第50話 アナルチェック第51話 女の腸の中の映像

第52話 惨劇のカップル第53話 水責め第54話 亜希への地獄責め第55話 亜希の生死第56話 奴隷を賭けた戦い第57話 亜希対銀次

第58話 別離第59話 儀式の始まり第60話 垂れる愛液第61話 最悪の光景第62話 遊びの浣腸第63話 順二の抵抗

第64話 我慢の果て第65話 生き恥をさらす裕子第66話 特大ディルド第67話 火責め第68話 ロケット花火第69話 必殺のマルボロ

第70話 裕子の我慢第71話 闇医者飯島第72話 森山対亜希第73話 裕子の涙第74話 和紙を使った責め第75話 アナル拓第76話 再会

第77話 2人抱き合ったままの排泄第78話 空気浣腸第79話 アナル綱引き第80話 アナル綱引きの果てに第81話 2人の女

第82話 新たなる調教第83話 牝犬第84話 森山より偉い男第85話 ショータイム第86話 石抱き第87話 裕子の運命

第88話 亜希絶体絶命の危機第89話 大河内の黄金の指第90話 潮を浴びる楢崎第91話 惨めな裕子第92話 宴の終わり

第93話 亜希の驚き第94話 大河内館からの脱出第95話 大河内の怒り第96話 亜希のトラブル第97話 信長の恐るべき正体

第98話 追いついた森山最終話 腐れ縁小説を最後までごらんいただいた御礼


▼小説「まさみ」第二部 本格奴隷調教編

第一章 引き裂かれるまさみと準三
第1話 異変(1)第2話 異変(2)第3話 疑惑(1)第4話 疑惑(2):地獄の満員電車第5話 疑惑(3):女体調教師若菜善一

第6話 引き裂かれる二人(1)第7話 引き裂かれる二人(2):妹思いの兄第8話 引き裂かれる二人(3)

第二章 大阪での地獄の奴隷調教
第9話 手荒い歓迎(1):○○第10話 手荒い歓迎(2):○○○第11話 奴隷契約(1):○○○第12話 奴隷契約(2):○○○○責め第13話 波紋

第14話 失うとき第15話 女体拝見(1):○○とセ○○○第16話 女体拝見(2):○○○チ○と○ッ○○第17話 アナル責め(1):○責め

第18話 アナル責め(2):○も○○責め第19話 ○腸(1)第20話 浣腸(2):み○○に見られて第21話 浣腸(3):○リ○リ○溶液だけの排泄

第22話 アナルセックス(1):浴○での対決第23話 アナルセックス(2):イ○○○オ第24話 ○○したまさみ第25話 まさみの告白

第26話 準三の決意第27話 野外プレイ(1):大阪見物第28話 野外プレイ(2):地獄の地下鉄御堂筋線

第29話 野外プレイ(3):公園での悲劇第30話 野外プレイ(4):恥ずかしい姿第31話 野外プレイ(5):輪姦第32話 恵と里香

第33話 地獄の我慢第34話 人間便器第35話 招かれざる客第36話 地獄のアナルセックス第37話 とっておきの方法

第38話 怖がるまさみ
第39話 マゾの匂い第40話 最○の結果第41話 女体調教師の掟第42話 森山登場

第43話 まさみと森山の出会い第44話 尻の穴の中を覗かれるまさみ第45話 オッパイの快感第46話 CCDカメラで映す直腸の中

第47話 まさみは地獄、恵は天国第48話 肛門鏡でアナルを開かれるまさみ第49話 浣腸されて排泄するまさみ第50話 アナル綱引き

第51話 絶体絶命のまさみ第52話 女の喜びを知った恵

第三章 まさみと恵たちの抵抗
第53話 関との別れの手紙第54話 別れの手紙を書くまさみ第55話 希望

第56話 別れの手紙を読んだ関準三第57話 森山とまさみ第58話 ご主人様の鞭打ちプレイ第59話 ロウソクプレイからの意外な展開

第60話 呉越同舟第61話 股縄プレイ第62話 アナルプレイ開始第63話 森山の浣腸プレイ第64話 変わった浣腸

第65話 森山とのアナルセックス第66話 森山の大阪案内第67話 森山の驚き第68話 それぞれの想い第69話 里香の悲しみ

第70話 森山と善一第71話 若菜興業への来客第72話 里香の頼み第73話 ボンテージ第74話 ペニスバンドでイカされるまさみ

第75話 里香による羞恥プレイ第76話 浣腸第77話 排泄第78話 屈辱第79話 地獄の鞭打ち第80話 兄妹第81話 空手の弟子

第82話 望月の推理第83話 新たな標的第84話 禁断の菊座第85話 浣腸される恵第86話 浣腸の続き第87話 2度目の浣腸

第88話 アナル拡張第89話 初めてのアナルセックス第90話 杉山の決意第91話 逃亡第92話 新幹線から降りる恵

第93話 死ぬより辛い罰第94話 里香への罠第95話 にわかED作戦第96話 里香と善一第97話 プライドを砕くイラマチオ

第98話 杉山の目の前の悪夢第99話 アナルセックスをされイカされる恵第100話 明日の祝日第101話 森山の見舞い

第102話 伝説の浣腸液第103話 屈辱のM男調教第104話 アナルセックスをされる男第105話 師匠の怒り第106話 杉山の運命

第四章(最終章) 逆襲
第107話 まさみ退院第108話 切れた準三→>→第109話 レンタカー第110話 携帯電話での攻防第111話 まさみの涙

第112話 里香の処刑第113話 前戯第114話 フェラチオの後第115話 里香の秘部第116話 恍惚の代償

第117話 関の居場所第118話 責められる里香第119話 里香への浣腸第120話 寺田師範第121話 肘打ち

第122話 里香へのアナル責め第123話 究極のアナルプレイ第124話 準三の決意第125話 最後のプレイ

第126話 奴隷の決心第127話 闘いの前第128話 闘いの始まり第129話 すてごろ第130話 善一との対決

第131話 空手対剣術第132話 よみがえった女体調教師第133話 善一に連れ去られるまさみ第134話 逆襲

第135話 里香の抵抗第136話 準三と善一の運命最終話 素敵な結末(第二部 完)


▼小説「まさみ」第一部 関準三編
第1話 誘拐第2話 放尿第3話 逃亡失敗第4話 まさみへのつらい罰第5話 まさみへの頼み第6話 食事拒否
第7話 赤い口紅をつけた女第8話 暴走族との対決第9話 調教開始第10話 まさみの人生で最悪の日第11話 約束
第12話 1日目のプレイ開始第13話 まさみのアナル第14話  女の一番恥ずかしい姿第15話 ずたずたに傷ついたプライド
第16話 まさみの変化
第17話 再び浣腸第18話 告白第19話 まさみの要望第20話 剃毛第21話 指マン
第22話 アナル責め第23話 アナル拡張第24話 宴の終わり第25話 つぐない第26話 母親の心第27話 父親
第28話 もう戻れない道第29話 浣腸よりもつらい要求第30話 真性マゾ第31話 最後のお願い第32話 最高の快楽(第一部 完)


[CM]素人娘のHシーンを見よう!
Hな4610は絶大な人気を誇るオリジナル素人生ハメ・中出し無修正動画配信サイトで、素人の画像ギャラリーもあって、素人系サイトとしていちばんのDTI系のおすすめ動画サイトです!


ITTLE.TV(イッテルティービー)は素人のリアルなセックス作品多数と美少女系の無修正AV作品が、業界最安値の1カ月24.8ドル=?円で見られるGC(グローバルキャッシュ)グループのサイトです!
無修正アダルトビデオ イッテル


[CM]熟女のお色気ムンムンのHシーンを見よう!
Hな0930(おくさま)はコアな人気を誇る熟女・人妻系の無修正動画サイトです。オリジナル生ハメ・中出し動画を毎週配信し、出演人妻も、幼妻から成熟した熟女までと 幅広く、更には洋物やSMも扱ったカテゴリーも用意されています。熟女系サイトとしてはDTI系ではいちばんのおすすめ動画サイトです!

パコパコママは人妻/素人系無修正動画の専門サイトです。高画質で更新も毎月30本以上行われます。全作品完全オリジナル動画という点が最大の魅力です。 DTI系の人妻系サイトとしては2番目のお勧めサイトです。

▼何通でもメール送れる!受けれる!安心定額制のサイト「ご近所SM倶楽部」

詳細はこちらをクリックしてごらん下さいませ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参ったね!

ブログて更新せえへんかったら、広告入れられるんやね。

わたしもほんまは新しい小説を書きたいんやけど、今仕事が忙しくて。3週間公休なしで、新たに趣味のSM小説を書く余裕もなしです!

ではまた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「美人看護師肛姦記」、著者彩りんがサラリーマンをしながらおまけに元々遅筆のため3年半にわたる長期の連載になりましたが、拙作を最後まで読んで下さいましてありがとうございました。

この小説を書いた動機について申しますと、子供の頃病弱だったわたしは昔から看護婦さんに対して患者に対して笑顔で親切に奉仕する天使のような素晴らしい職業の人達という認識を持っていました。しかし、大人になったある時、「ひろこ」という名前の看護婦に看護婦は単なる職業のひとつでお金を得るツールのひとつであって、看護婦には患者に対する奉仕精神などないということをしっかり教えてもらいました。

それが、この小説を書き始めた大きな動機で、ひろこ(裕子)を最後にどうするかすなわちこの小説の結末はわたしは最初に決めておりました。

ということで、中には奉仕精神を持って毎日看護婦(看護師)をされている方も続けられている方もいるかも知れませんが、わたしは現在看護婦(看護師)の人達を見ても、子供の頃のように患者を喜ばせてくれる天使のように思うことはなく、わたしが現在サラリーマンをしているように生活していくツールとして看護師をしているのだなとしか思いません。

それが、この小説に込めた思いのひとつです。

それで、この作品の最終話、先ほど、若干書き換えているので、一度読まれた方はよかったらもう一度読んで下さいませ。

次作は今のところ書く予定はありませんが、気が変わったらまた書くかも知れません。(^_^)

では、また。


 裕子と亜希は、急いで山を登って行った。
足をくじいていない裕子が、山の頂上に着いた。
「頂上についたわよ、亜希さん!」
「そのまま向こうへ、山のふもとに向かって降りて行って!」
「ええ!」
そう言って、裕子がふもとの亀岡へ向かう道へ一歩を踏み出した時だった。
銃声があたり一面に響いた。
次の瞬間、亜希が地面に前のめりに倒れた。
地面に倒れて横になっている森山の後ろに立っている遼の横には、右手に銃を握った大河内がいた。
「う・・・うううう・・・」
亜希の背中は血で染まっていた。
「亜希さん!」
裕子が亜希の所にやって来た。
「だめ・・・・・・裕子さん・・・・・・戻って来たらだめ・・・・・・逃げるのよ・・・・・・山のふもとへ・・・・・・」
そう言うと、亜希は黙って動かなくなった。

 すると、突然、遼が裕子の前に行って、裕子を大河内の銃から遮るように自分の体と両手で抱えた。
「大河内先生?」
「何や、水木?」
「俺の一生のお願いです。裕子だけは撃たないで下さい。」
「だめや。なぜなら、その女はふもとへ逃げようとしてわしの築き上げた関西女体調教師協会を崩壊させようとしているんや。たとえここで助けても、必ずまた脱走しようと考えるに違いない。わしはそう思うさかい、その女もここで葬っておこうと思う。」
その言葉を聞いて、遼は言った。
「裕子、助かるためや、銃の弾を避けるためしゃがむんや。」
裕子はしゃがんだ。
遼はしゃがんだ裕子を包み込むようにして上から抱えた。
「大河内先生、裕子の体を俺の体で覆ったから、あんたが撃っても撃たれるのは俺だけや。」
「ふん。つまらないことを考えたな。」
大河内は苦笑いをした。
「銀次、俺の渡した箱を開けろ。」
「はい。」
銀次は箱を開けた。
すると、そこには箱形の弾倉が1個入っていた。
大河内は銃をいじって古い弾倉を取り出した。
「銀次、その新しい弾倉をくれ。」
「はい。」
大河内は銀次から新しい弾倉を受け取った。
「おい、遼、よく聞け。この弾倉の中に入っている弾は、さっきまで使っていたものより数段威力が強いさかいおまえの体を貫通して、裕子の体に到達する。せやさかい、もうおまえは裕子を助けることができん。ということやから、裕子から離れるんや。」
「いやや。俺は死ぬ時は裕子と一緒や!」
「わ、わたしはいやよ。遼、離して!」
そう言って、裕子は暴れ出した。
しかし、遼はしっかりと自分の体で裕子を押さえつけた。
「一緒に死のう、裕子!一緒に死のうや、裕子!」
「いや、いやよ、遼!」
「ふん、ほな一緒に死ねい、ふたりとも!」
そう言うと、銀次からもらった弾倉を拳銃に装填した。
その時、森山が叫んだ。
「や、やめて下さい、大河内先生。裕子は奴隷にして、遼は女体調教師として育てればいいじゃないですか、大河内先生?」
「何を抜かしてけつかる。おまえが人が良すぎるさかいここの事態を収拾することが出来なかったんやないか。大河内帝国の跡継ぎはおまえと考えていたけど、おまえは失格や。わしの跡継ぎは銀次か善一にする。」
そう言うと、大河内は左靴で森山の顔をぐいぐいと踏みつけた。
「うう・・・・・・ぐぐぐぐ・・・・・・」
森山は顔を踏まれる痛さに耐えた。

 森山の顔を踏みつけながら、大河内は、銃口を、裕子の胸にかぶさっている遼の背中に向け、それから、銃の引き金を引いた。
次の瞬間、大きな銃声と共に弾は遼の体を貫通し裕子の体に達し、遼は裕子と一緒に地面に倒れた。
倒れる時に、遼と裕子は離れそうになったが、遼は左手で裕子の右手を強く握って、裕子から手を離さなかった。
2人は仰向けに並んで地面に横たわった。
「裕子・・・・・・これで・・・・・・一緒に・・・・・・死ねるな・・・・・・」
遼がそう言うと、裕子は次のように言った。
「く・・・・・・さ・・・・・・れ・・・・・・え・・・・・・ん・・・・・・」
そうして、2人は、目をとじて、永遠に体を動き出すことはなかった。
(完)
<"FONT size="-1">[目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話第93話第94話第95話第96話第97話前回:第98話今回:最終回:第99話
【この小説はフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を一切持たないことを宣言いたします。
さあて、今晩は、オナホールを嵌めて、きれいな女性の二穴ファック動画を見ながら、1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAの女がプロレス技で苦しめられる動画「男勝ち」をまあ見まい!

*画像を2回クリックすると動画ページが表示されます。




動画サイト「JADE」の「野外浣腸 FILE3」を見てみませんか?

内容の濃いサンプル動画はこちらをクリックしてをクリックしてごらん下さいませ


 裕子と亜希は、2人でお互いの肩につかまりながら、必死に山を登って行った。 すると、山上が見えて来た。
「見て、亜希さん。あそこがこの山道のいちばん高い所やわ。あと、10m位よ。」
「そうね、そのようね、裕子さん。」
「さあ、あそこを越えてふもとの亀岡の町に向かいましょ。」
「ええ。」
その時、道の下の方でごそごそと音がした。
そうして、森山、続いて遼が2人の前に現れた。
「森山さん!」
「りょ、遼!」
「ふふふ。やっとおまえたちに追い付いたようだな。」
「いいえ、まだ追い付いていないわ。まだ、3メートル位離れているでしょ。」
「そんなものはこれがあれば関係ない。」
森山は左胸から銃を出して、銃口を亜希の方に向けた。
「ま、まさか、さっきの銃声はその銃を使ったの、森山さん?」
「そうだ。亜希、信長は死んだぞ!」
「何ですって!」
亜希と裕子は顔面が蒼白になり、やがて2人ともすすり泣きを始めた。
「う、うぐぐぐぐ。森山さん、あなたは、何も武器を持っていない得意のボクシングで戦うと言っていた所長をそんな飛び道具で撃って殺すほど情け容赦ない人なの?」
亜希は涙目でそう言った。
「違うんだ、亜希さん、裕子。銃で信長を撃ったのは大河内先生なんや。」
そう遼が言った。
「遼、本当のことを言うな。」
「で、でも、森山さん、本当のことを言わへんかったら、森山さんが悪人にされてまうやんか。」
「かまわないさ。」
「と、ということは、森山さんは銃を撃っていないの?」
涙目で亜希が聞くと、
「ああ、この人は銃で人を殺すようなことの出来るような人やあらへん。」
そう遼は言った。
「裕子!」
「ううう・・・・・・何よ、遼?」
「俺は盲腸で苦しくなって*上六の駅の近くの白十字病院で気がついた時、裕子が天使のように見えた。その時からおまえのことが好きやったんや。せやから、一緒に戻ろう、裕子!」
「だめ、裕子さん、戻っちゃ!」
そう言うと、亜希は裕子の前に立ちふさがった。
「亜希さん、もちろん、わたし、遼の所に戻る気はさらさらないわ。」
「わかってる。だけど、森山と水木が追い付いて来て、しかも森山が銃を持っているから、わたしのこのくじいた足ではわたしはこれ以上逃げるのは無理だわ。だから、全力であそこの頂上を越えて山のふもとまで逃げて!頂上さえ越えれば、山の上からふもとに向かって銃を撃てば銃声が亀岡の町に届いて警官がかけつけてくるから、あれだけ大きな銃声がする銃を使うことはできなくなるわ。だから、わたしが彼らの注意を引きつけるから、わたしが合図をしたら逃げて、お願いよ、裕子さん!」
亜希は小声で裕子にそう言った。
「わかったわ、亜希さん。」

 亜希は森山や遼の方を向いた。
「森山さん、わたしを倒してから先に進みなさい。裕子、ゴー!」
そう言うと、突然、裕子は山道を駈けのぼり始めた。
「まずい!」
そう言うと、森山は裕子に向かって銃口を向けた。
次の瞬間、亜希は右足の痛みをこらえて森山めがけて跳び蹴りをした。
亜希のくじいていない左足のかかとはきれいに森山の顎を捉え、森山は吹っ飛び地面に横になった。
地面に立った亜希は、足の痛みをこらえながら言った。
「う、うぐ。ど、どうして、どうして撃たなかっの、森山さん!わたしはあなたに撃たれて死ぬつもりでいたのよ!」
「ど、どうしてだって!ふふふ、どうせ俺には銃で人は殺せない。俺は喧嘩はするが人を殺すのは怖い。だから、そうさ、裕子、亜希、おまえたちは逃げればいい、そして自由な所へ行けばいい。もう、大河内帝国も崩壊すればいい!どちらにせよ、俺にはおまえ達を撃ち殺すことも捕まえることもできないのだから!」
そう森山は地面に横たわったまま言った。
「そうなの?そうしたら、これ以上、わたしたちを追って来ないのね!」
「ああ、そうだ。もういいんだ、これでさ。だから、早く逃げろ、亜希、裕子!そうしないと、後ろから山岸と銀次が追いかけて来るぞ!」
「森山さん、逃がしてやるのですか?」
そう遼が言った。
「ああ、逃がしてやればいいじゃないか。いくらおまえが裕子を好きでも裕子がMでも裕子はおまえをご主人様と認めてないからおまえたちは一緒になれない。だから、おまえの所から逃がしてやれ、裕子を解放してやるんだ、遼!」
「う、うううう・・・・・・森山さん・・・・・・」
「おい、亜希、裕子、2人とも、早く逃げろ。さもないと、山岸と銀次だけでなく、銃を持っていて銃で人を殺すことを何とも思わない河内先生がやってくるぞ!」
「銃を持った大河内が来るの!わかったわ!」
そう言うと、亜希はきびすを返した。
(最終話へつづく)
[注]*上六-大阪の地名「上本町六丁目」を大阪の人は縮めてこう言う。近鉄(阪神電車も乗り入れている)の大阪上本町駅がある。他にも、谷四、天六、日本一など大阪の人は地名を縮めて言うことが好きである。(それぞれの本当の名称は、谷町四丁目、天神橋筋六丁目、日本橋一丁目)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話第93話第94話第95話第96話前回:第97話今回:第98話今回:第98話
【この小説はフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を一切持たないことを宣言いたします。それと、グリセリン原液を浣腸未経験者にするような無茶なことは絶対にしないで下さい。
ゴールデンウイークは皆さん、楽しまれましたかね。外に出かけた方は疲れたんじゃないかな。
さあて、今晩は、ゴールデンウイークで出かけて疲れた体を休ませるために、オナホールを嵌めて、きれいな女性のアナルファック動画を見ながら、1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAの美女の排便が存分に見られる動画「ヒロイン排泄地獄14」をまあ見まい!

*画像を2回クリックすると動画ページが表示されます。




Hey動画の「大塚咲 - 新潮吹き女帝大塚咲のアナル調教」


 森山は天翔の構えをしたままじいっと信長を睨み続けた。
「どうした、森山さん。俺を睨み続けたままで俺を倒さなければ、ここから先には進めないぞ。」
「わ、わかっている。だけど、極東空手で師範代をしていた俺から見てもあんたの構えにはすきが全くない!あ、あんたは一体何者なんだ?」
「教えて欲しいか、森山よ。そうしたら、試しに俺の技を見せてやるから、かかって来な!なあに、手加減してやるから気絶したりはしないさ。」
「言ったな、きさま。そうしたら、攻撃してやる。」
そう言うと、森山は信長との間合いを少しずつちぢめていった。
そうして、足を踏み込むと信長の顔面に正拳上段突きをした。信長は右足を後ろに引いて森山の正拳突きをかわすと、右手を真っ直ぐに森山の顎に当てた。次の瞬間、森山は後ろに吹っ飛んだ。
それを見て、哲也や遼たちは顔色を変えた。
「どうした。森山さん、俺の手加減したパンチでひっくり返っていたら話にならないじゃないか。」
森山は上体を起こしながら言った。
「う、うう。あんたの得意技はボクシングだな、信長。」
「そうだ。俺は元プロボクサーだ。」
「元プロボクサーか。どこまで上に上がったんだ、信長。」
森山は立ち上がりながら、聞いた。
「俺は、10年前、ミドル級で東洋チャンピオンになって世界チャンピオン間違いなしと言われながら試合で相手を殺して引退した長岡大介だ!」
「な、長岡大介だとう!思い出したぞ。あのデビューしてから相手に全てKO勝ちしたハードパンチャー長岡大介。だが東洋チャンピオンになった後世界チャンピオンに挑戦する前の試合で対戦相手を殴り殺してしまい突然引退した伝説のボクサー!確かにあんたはあの長岡大介に似ているが、あんたがあの長岡大介だったのか?」
「ああ、そうだ!」
森山は驚いた顔をしていたが、すぐに考え込んだ。
(俺は長岡大介の試合を極東会館の本部道場の事務所のテレビで見た時、俺がいくら強くなってもこいつにだけは勝てないと思ったものだ。そして、こいつは間違いなく世界チャンピオンになるだろうと思った。そうだ、その時一緒に試合を見ていた大島館長に「森山、おまえはこの男に勝てるか?」と聞かれたことがある。その時俺は「いや、この男にだけは勝てません。この男は格闘をするために生まれて来た本当の天才です。」と答えた。すると、大島館長は「そうだろうな。俺も全盛期ならこの男に勝てたと思うが、正直今は自信がないな。」とおっしゃられた。そんな男に極東空手から退いて10年になる俺が勝てるのか。いや、現役を退いたといえば、この男も一緒のはずだ。何とか、勝てるんじゃないんだろうか?)
そう思うと、森山は間合いを詰め、飛び上がって二段蹴りをした。
すると、信長は左足を後ろに引いて森山の左頬に向けてストレートを繰り出した。
森山はストレートを食らって吹っ飛んでしまった。
「どうした。森山、もう降参か?」
森山は左頬を押さえながら上体を起こして言った。
「いいや、まだやれるさ。あんたは現役を退いて大分経つのに往年の力を保持しているようだな。そんな信長さん、あんたに、ひとつだけ聞きたいことがあるのだが、教えてくれないか?」
「何だ?」
「あんたが長岡大介だったら、どうしてもっと早く俺達に敵対して向かって来なかったのだ?」
「それは、俺には名古屋でいちばん大きい信長探偵事務所の所長という立場があるからだ。探偵事務所をやっていた先代の娘と結婚して婿に入り後をついで所長になってからは事務所の従業員の家族全員の生活を守ってやらなければならない立場になった。だから、信長探偵事務所の名を傷つけないため、ぎりぎりまで亜希達を助けに行くのは留まったのだ。」
「ふっ、そうか。確かに俺にしても弟子達の生活を守ってやらないと一緒だという点ではあんたと同じ立場だぜ。」
「さあ、森山、かかって来い!」
「ああ、かかって行くぜ。遼、心配するな。こいつを倒して早く裕子の所へ行こう。」
「はい、森山さん。」
そう遼は言った。
それから、森山は自分のすべての得意技を繰り出した。
しかし、その度にその技をかわされ信長のパンチを喰らってひっくり返った。森山はその度に立ち上がって、信長に技を繰り出した。
それを見ていて、哲也や銀次が言った。
「あの、空手の天才で俺達の誰1人として格闘の訓練で勝ったことのない森山さんが、信長の思うがままにやられてる。これは一体どういうことやねん?」
「ほんまや。まるで夢を見ているようや。」
何度目かの信長のパンチで森山がひっくり返った時、突然遼が木の棒を持って信長に襲いかかった。
「止せ、遼。元プロボクサーのパンチを格闘技を知らないおまえがまともに喰らったら死んでしまうぞ!」
森山はそう言ったが、遼は木の棒を持って信長の前に行き振り下ろした。
信長は木の棒をかわし、遼の顎に右フックを食らわした。遼は後ろに倒れて気絶してしまった。
それを見て、森山はフラフラで鼻と口から血を出した体を奮い立たせながら立ち上がった。
「きさま、よくも俺の弟子をひどい目に合わせてくれたな。」
「ふん、そんな体で何ができる。いつまでもかかってくるならおまえも同じ目に遭うことになるぜ。」
「かまわん。」
そう言うと、森山は信長の前に行って右前蹴りを繰り出した。
信長はそれをかわすと、森山の右頬にジャブを当てた。
すると、森山は上体をぐらぐら揺らし出した。
「それじゃ、俺のいちばんの得意技の右アッパーを食らわしてやるぜ。森山、死ねえ!」
信長は右アッパーの構えをした。
 その瞬間だった。銃声が辺り一面に響いた。
次の瞬間、胸から鮮血を吹き出した信長が地面にひっくり返った。
「と、飛び道具とは卑怯だぞ。しかも、横からとは・・・・・・ううううう・・・・・・亜希、裕子、無事に逃げてくれえ・・・・・・」
そう言うと、信長は地面の上に横になったまま動かなくなった。
銃声がした先には、大河内が立っていた。
大河内は森山の所へ行くと言った。
「あほんだれ、おまえには銃を持たせているやろう。どうしてさっさと銃を信長に向かって撃たへんかったんや?わしが銃を撃たずにおまえがあいつのアッパーを喰ろうていたら、おまえは信長に殴り殺されてたかも知れへんのやでえ。」
「先生。わたしは人を銃で撃ち殺すのが怖いんです。」
「そうか。森山、おまえの気持ちはわかる。わしも最初はそない思うたもんや。けど、おまえがわしの後を次いで関西女体調教師協会のトップになるんやったら、その恐怖は乗り越えてもらわなあかんで!」
「はい。」
そう言うと、森山は上体を起こし、大河内の前に立ち上がった。
遼も哲也に活を入れられ息を吹き返し立ち上がった。
「さあ、信長は死にさらした。今から全力で裕子と亜希を追っかけて2人が亀岡の町に出る前に捕まえるで!ええかー、みな返事や!」
「はい。」「はい。」「はい。」「はい。」「はい。」
森山、哲也、銀次、遼、拓也は次々に返事をした。
「さあ、行こう!」
こうして、大河内たちは信長の亡骸を踏み越えて、山の上に進み出した。

 大河内達の500メートルぐらい上に裕子と亜希はいた。
「裕子さん、さっき銃声がしたわ。もしかして、所長は撃たれたのでは?」
「亜希さん、そうかも知れないけれど、信長所長が言った言葉を覚えている?」
「ええ、所長は「俺にどんなことがあっても君らは亀岡の町まで逃げろ」って言っていたわ。」
「でも、所長は撃たれたかも知れないのよ、所長ー!」
そう言うと、亜希は下に向かおうとした。
裕子は亜希を押さえつけて、右手で亜希の左頬を平手打ちした。
「はっ!」
「亜希さん、わたしたちが亀岡の町の交番まで行かなければ相手に捕らえられたかも知れない信長所長も助からへんやん。何であなたが足をくじいた後、所長があそこで相手を食い止めると言ってあそこに残ったかわかってるん?そやから、とにかく山を越えて早く亀岡に出なあかんわ!」
「そ、そうだったわね。ごめんなさい、裕子さん。」
「いいえ、わたしこそあなたをぶってきついこと言うてごめんなさい。」
「あなたが謝ることない。だってあなたの言う通りだもの。さあ、みんな助かるため、亀岡まで行きましょう!」
「ええ、亜希さん。」
それから、裕子と亜希の2人は再び、山を登りだした。
(第98話へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話第93話第94話第95話前回:第96話今回:第97話つづき:第98話
【この小説はフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を一切持たないことを宣言いたします。
今日は花見日和りですね。市の中心部の川の河川沿いが桜の名所でその下の河川敷で市民が花見をするのが当市の春の風物詩です。
さあて、今晩は、花見で興奮した体を落ち着かせるために、オナホールを嵌めて、いい女のアナルファック動画を見ながら、1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAの美女の排便が存分に見られる動画「大便排泄視感1」をまあ見まい!

*画像を2回クリックすると動画ページが表示されます。


 裕子、亜希、そして信長は橋を通って川を渡り、山道の入り口に立っていた。
「よし。俺が調べた限りでは、この高さ300mの山の山道を登って向こうに降りたら亀岡の市街地のはずれに出てそこから500m位行けば駐在所がある。だから、みんなでそこへ逃げ込むんだ。警察に保護してもらえば、もう大河内たちも俺達に手出し出来なくなる。」
「そうね。警察に保護してもらって、警察で大河内たちのしたことを告発すれば関西女体調教師協会ももうお仕舞いだわ。」
そう亜希が言った。
「そうだ。だからさあ、早く大河内たちが追っかけて来ないうちにそこまで行こう!」
そう言うと、信長、裕子、そして亜希は山を登り始めた。
すると、突然、亜希がバタッと前に倒れた。
「どうしたんだ、亜希?」
「大丈夫、亜希さん?」
「ごめん、岩に足を取られちゃって、こけちゃった!」
「運動神経のいい君らしくないじゃないか?」
「そうね。う、うう、足が痛い。どうやら足をくじいたみたいだわ。」
「何だって!」
信長は顔を青ざめさせた。

 それから、約10分後、2台の車が亀岡へと通じる山の前の橋の前に到着した。
車のドアが開くと、中から、大河内伝二郎、森山薫、水木遼、山岸哲也、万代銀次、北川拓也が出て来た。
「さあ、みんな、わしは年じゃから若いおまえたちみたいに速く山を登れん。そやさかい、森山、おまえが先頭になって3人を追いかけて、奴らを見つけたら打ち殺せ!」
「どうしても打ち殺すのですか?」
「ああそうや。何か文句あるのかな、森山よ?」
大河内は怖い目付きになった。
「いえ、何もありません。」
「それじゃあ、わしは後から追っかけるさかい、おまえたちは先に行け!ゴー!」
「はい。」「はい。」「はい。」「はい。」「はい。」
森山たち5人は、橋を渡って山の方へ駆けて行った。

 森山が先頭になって山道の所へ行くと、森山たちは男の足で必死に山を登り始めた。
先頭の森山の所へ後ろから遼が追いついて、森山の横に来た。
「森山さん、ほんまに裕子たちを打ち殺すんですか?」
「遼、俺も裕子たちを殺したくはない。だけど、大河内先生の命令は絶対だ。逆らうことはできない。」
「そしたら、ほんまに裕子たちを持っている銃で打ち殺すんですか?」
「ううむ。遼、おまえの気持ちはよくわかるよ。裕子を失いたくないんだろう?」
「そうです。あの、上六へ行く近鉄線の中で出会ってようやく俺の奴隷にした裕子を失いたくない。ましてこちらの手で殺すなんて、そんなことは絶対にしたくないんです!」
「遼、大河内先生は高齢でわれわれみたいに速く山を登れない。だから、3人を見つけたら大河内先生が我々に追い付く前に俺が何とか生け捕りにしてやる。生け捕りにすれば、彼女たちを殺さなくても大河内先生も何も文句を言わないだろう。」
「お願いします、森山さん!」
「ああ、何とかしてやるさ、俺だって、人殺しなんてしたくはないからな!」

 そうして、森山たちが山を登って行くと、前方に人が1人見えた。
近づいて行くと、山道を塞ぐように、信長が立っていた。森山たちは、信長の前で立ち止まった。
森山は、信長を睨んで言った!
「信長、きさま、よくも裏切ったな!」
「森山さん、信長大介は生まれた時からいつでも正義の味方だよ。」
「裕子と亜希はどうしたんだ?」
「さあねえ?」
「信長よ。おまえがここで俺達を食い止めている間に裕子と亜希を山道の先に行かせるつもりだな。」
「ほう。どうやらよくわかっているようじゃないか。」
「でも、どうやって俺達狂犬のような5人を食い止めるつもりだ?」
「この信長大介をばかにしちゃあいけないな。」
そう言うと、信長はボクシングの構えをした。
「やる気か、信長!」
「そうだ。だが、俺はおまえたちをこの先には通すつもりはないからここから動かない。ここから先に行きたければ俺を倒してから行け!」
「よくぞ言った!そうしたら、俺たちがおまえを倒して先に進んでやる!」
そう言うと、森山も極東空手の天翔の構えをして、信長と睨み合った。
もちろん、山岸、銀次、遼そして拓也も格闘する構えをして信長と向かい合った。
(第97回へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話第93話第94話前回:第95話今回:第96話つづき:第97話
【この小説はフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を一切持たないことを宣言いたします。
一ヶ月以上間が開いて申し訳ありません。実は先月急に自宅から遠いところに転勤になって部署も変わりました。そうして、新しい職場環境と仕事にまだ慣れてまでは来ませんが少し余裕が出て来たように思います。転勤先は家からは車で20キロ以上あって遠いのですが、湾内の海岸沿いで海と対岸の陸地が一望できてロケーションは最高です。仕事じゃなくて釣りに来たいような所ですわ。
さあて、今晩は、私生活で疲れた体を休めるために、TENNGAフリップホールを嵌めて、色気満々元芸能人のアナルファック動画を見ながら、1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAの美女のおならとアナルが存分に見られる動画「空気浣腸で強制放屁 ~私のおならはこんな音~」をまあ見まい!

*画像を2回クリックすると動画ページが表示されます。


 サイレンの大きな音で大部屋のベッドで寝ていた森山薫、山岸哲也、万代銀次、水木遼、北川拓也は目を覚まして起き上がった。
「な、何や、このサイレンは?」
遼は言った。
「あれは、正門から誰かが外に出た時に鳴る音だ。それに、この部屋の照明も付いているだろう。」
そう森山が言った。
「はい。」
「午前0時から午前6時までの間は、正門に赤外線ビームが通っているから、誰かがそれに引っかかると、この建物の中でサイレンが鳴って照明が全部付くように設定してあるんだ。」
「ということは、誰かが正門を通って外へ出たか中へ入ったってことですか?」
「そういうことだが、今までこの音が鳴ったのは99パーセントが牝奴隷が外へ脱走した時だ。」
「そしたら、裕子や亜希らが脱走したということですか?」
「多分そうだろう。冬彦とチヨは昨日のうちに帰ったから、今ここにいる奴隷は裕子と亜希しかいない。おい、遼、これですぐに第1調教部屋に行って2人がいるかどうか確認して来い!」
そう言うと森山は鍵の束を渡した。
遼はすぐに部屋から出て行った。
「おい、拓也、おまえは事務所担当なんだから、事務所とロッカーの鍵を持っているだろう?」
「はい。」
「事務所へ行って、早くサイレンの音を止めて、ロッカールームに鍵がすべてあるかどうか見て来い!」
「はい。」
拓也も部屋から出て行った。
そうして、森山、哲也、銀次が上着を着ていると、サイレンの音がやみ、袴姿の大河内が大部屋に入って来た。
「森山、今のサイレンは何や?奴隷が逃げたんけ?」
「今、水木に奴隷部屋に確認に行かせていますからすぐにわかると思います。」
すぐに、遼が血相を変えて部屋に戻って来た。
「森山さん、い、いません!裕子も亜希も奴隷部屋の中にいません!」
「な、何だと!檻の中にいないのか?」
「いません!」
森山と大河内は顔色を変えた。
その時、拓也が部屋に戻って来た。
「鍵が一束なくなっています!」
「何、鍵もなくなっているのか?」
そう森山が言った。

 それから、楢崎が部屋に入って来た。
「一体、どないされたんですか、明かりがついてものすごいサイレンの音が鳴ってはりましたけど?」
「これは申し訳ない、楢崎さん。そうですな。こんだけやかましい音がしたら熟睡しててもすぐに起きてしまいますな。」
「ええ、そうですわ。」
「すぐに起きるほどやかましいサイレンか!はっ!おい、森山、信長の寝室は確か楢崎先生の隣の部屋やな!」
「はい、そうです。」
「すぐに信長が寝ているかどうか確認して来い!」
「はい。」
森山は遼から鍵の束を受け取ると部屋から出て行くと、まもなく戻って来た。
「い、いません!信長は寝室にいません!」
「やっぱりな。多分、信長が事務所のロッカーから鍵を盗んで第1奴隷部屋の入り口と檻の鍵を開けて2人を連れ出して逃げたんや!」
「そうみたいですね。」
「ところで、わしは胸ポケットにキャデラックの鍵を持っているが、ここへ車で来た奴は誰々や?手を挙げてみい!」
森山、哲也、そして遼が手を挙げた。
「森山、山岸、水木、おまえたち3人は自分の車の鍵を持っているのか?」
「はい、ズボンのポケットに入っています。」
そう森山が言った。
「わたしもです。」「わたしもです。」
そう哲也と遼は言った。
「そうか。そしたら、あいつらは車で逃げたんやない。正門を登って降りたんや。とすると、館の前の川を渡って山越えして亀岡の町へ降りてふもとの警察に駆け込むつもりや。そうする以外、ここから車なしであいつらが逃げられる方法はない。いいか、皆、今すぐ、山へ行って信長と裕子、亜希を追っかけるんや、ええな!」
「はい、了解しました。」「了解いたしました。」「了解しました。」「了解しました。」「わかりました。」
「よし、それでは今から行くが、森山、おまえはこれを持って行け!」
大河内は、胸に手を入れると拳銃を取り出してそれを森山に渡した。
「こ、これは、拳銃をわたしに使えってことですか?」
「そうだ。歳のいったわしよりも、若いおまえの方が奴らに早く追いつくと思う。追いついたら、かまわんから、3人とも撃ち殺してしまえ!」
「先生、わたしなら殺さずに生け捕りできますが、それでも銃で撃ち殺すんですか?」
「森山よ、信長と亜希たちは念書の約束を破って何度も裕子をここから脱出させようとしてるんやろう?」
「まあ、そうですが。」
「かまわぬ!そんな奴らは裕子も含めて生かしておく必要はあらへん!全員、撃ち殺してしまえ!」
大河内は、怖い顔をして、きっぱりと言い切った。
次の瞬間、森山と遼は、顔面が蒼白になった。
(第96話へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話第93話前回:第94話今回:第95話つづき:第96話
【この小説はフィクションです。実在の人物、団体、事件とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を持たないことを宣言いたします。
今日の大阪女子マラソンをテレビで見ていたんですが、近鉄大阪線か奈良線の電車が3回も見られて、奈良線沿線の瓢箪○の町で育った人間としては懐かしかったです。しかし、テレビで見ていていちばん驚いたのは、これを書いたらわたしがどこに住んでいるか分かりますけど、わたしが今住んでいる県のチームの女性選手(しかも地元の出身選手)が優勝したことです。優勝した選手は「マラソンで勝つかどうかは、自分が勝ちたいという気持ちがどれだけ強いかで決まる」ってゆうてましたけど、その通りですね。わたしは、天満屋グループは大嫌いなんですけれど、その女性選手の考え方は支持します。
さあて、今晩は、私生活で疲れた体を休めるために、TENNGAフリップホールを嵌めて、ハーフ美人のアナルファックの動画を見ながら、1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAのアナルセックスが存分に見られる動画「素人アナル羞恥責めDX」をまあ見まい!


 亜希の叫び声で、裕子も目を覚ました。
「うううっ、はあっ、あ、あなたは確か信長さんやないのん?」
「そうだよ。河合さんも目を覚ましたのか。そうしたら、これからわれわれはこの館から脱出しようじゃないか!」
「ちょ、ちょっと待って!どうして、わたしをあんなひどい目に合わせた信長所長、あなたがわたしを連れてこの館から脱出しようなんて言うのよ!」
そう亜希が座って言った。
「そ、それは・・・・・・」
信長は、床に正座すると、亜希に向かって頭を下げた。
「すまなかった、平山君。だけど、大河内たち関西女体調教師協会の者にわたしが彼らの味方だと信用させるために、彼らの目の前で君に対して陵辱行為をせざるを得なかったんだ。許してくれ、平山君。」
「で、でも、あんな屈辱的な目に合わせられて許すわけにはいかないわよお、信長所長!」
「頼む、機嫌を直してくれ、平山君!君たちを助けるためにはこの館の中に入って彼らの味方になったように見せかけるより方法がなかったんだ。だって敵をだますには味方からって言うだろ。わかってくれよ、亜希君。」
「で、でも・・・・・・」
その時、突然、裕子が座って亜希の方を向いて言った。
「亜希さん、信長さんを許して上げて、お願い。」
「えっ、裕子さんまでどうしたの。」
「信長さんは、亜希さん、あなたを責める時、辛かったと思うわ。そうでしょう、信長さん?」
「ああ、そうだ。俺も平山君の体や心を傷つけるようなプレイはしたくなかった。だけど、館へ入ってわたしを大河内や山岸たちに自分の味方だと信用させ、君たちをここへ救出に来るためにはあんなプレイをせざるを得なかったんだ。決して、わたしはプレイをしながら喜んでいたわけではないんだ。その点をわかってくれ、亜希君!」
「本当にそうなの、所長?」
「ああ、そうだ。俺は君と裕子君の味方だ!だから、絶対に君たちをここから脱出させてやる。早くこの館から脱出しようじゃないか!」
「所長、どうやらわたし、所長のこと誤解していたみたいだわ。」
「仕方ないさ。相手を信用させるためだとはいえ、君をひどい目に合わせたのだから。」
「ごめんなさい、所長。」
亜希は立ち上がって、信長に頭を下げた。
「いいんだ、もう。さあ、2人とも必ず逃がしてやるからな、ここから脱出しよう!」
「はい。」
「はい、わかりました。」
「そうしたら、檻の外に置いてあるスーツケースに君たちが着る衣服を入れてある。檻から出たらまず2人とも服を着よう。」
そう言うと、信長は2人と一緒に檻の外に出た。

 3人は、館の建物の中から出て、正門の前にいた。
門の左右には壁があって、その上には鉄条網が2段張り巡らされてあった。したがって、3人が外に出るには、引き戸式の門扉もんぴを引いて正門から出るのがいちばん容易に思えた。
が、信長はゴーグルみたいなメガネをかけて門を見て、メガネをはずすと亜希に言った。
「平山君、これで門を見てみたまえ。」
「はい。」
亜希はメガネをつけると言った。
「いちばん下から50cm位の高さまで、赤外線が通っていますね、所長。」
「そうだ。多分、奴隷としてここに連れられて来た女が逃げたらわかるように夜間は赤外線を通しているのだろう。だから、門扉を動かしたり、赤外線に体の一部など何かが触れたら、建物の中にいる者にわかってしまう。」
「そうしたら、どうやって逃げるの、所長?」
「屋敷の建物の外にある物置に脚立が入っていた。物置の鍵は俺が拝借して来たから、脚立を取ってきて、脚立を赤外線に引っかからないように門扉に立てて、脚立を登って門扉の上から外に飛び降りるようにしよう。そうしたら、俺が物置に行って脚立を取って来る。」
「お願いします、所長。」
「ああ、君たちはここへいろ。」
そう言うと、信長は物置の方へ走っていった。

 信長は脚立を物置から取って来ると、赤外線に当たらないように門扉に対して斜めに立てかけた。
「そうしたら、俺が脚立の下を持つから、平山君と河合さんは脚立を登って門扉の上に登り切ったら、向こうへ飛び降りるんだ。」
「は、はい。」「はい。」 
「まず、平山君から登って向こうに降りて!」
「はい。」
亜希は脚立をゆっくりと登っていって、門扉の上までいってから外へ飛び降りた。
「次は、河合さんだ。」
「はい。」
裕子も脚立をゆっくりと登っていって、門扉の上までいってから飛び降りて亜希に受け止められた。
「後は俺だけだな。」
「でも所長、所長が登る時に脚立を持って支える人がいませんわ。」
そう亜希が言った。
「大丈夫さ。赤外線に触れないようぎりぎりまで傾斜を急にすれば持って支えなくても、脚立が倒れることなく上に登れるよ。」
そう言うと、信長は脚立が赤外線に触れないよう、しかしできるだけ門扉と水平になるように脚立を動かした。
それから、脚立にゆっくりと登っていった。脚立のいちばん上の所まで登ると、門扉の上に右足をかけてから、門の外側の地面に飛び降りた。
すると、信長が下に飛び降りた時に衝撃を受けたのか、脚立の上の部分が門扉をすべり落ちるようにして、脚立が倒れた。そのため、脚立の上の部分が赤外線に触れた。
 
 次の瞬間、館の建物の中からサイレンが聞こえ、建物の灯りすべてが一斉に付いた。
「しまった。脚立がすべって赤外線に触れてしまったせいで、われわれが館から出たことを大河内たちに気づかれたぞ、平山君、河合君。」
「そうみたいね。」「そうですね。」
「すぐに逃げよう、あっちに行くと亀岡(かめおか)の町に行く山道に出るから!」
3人は手をつないで、館の外の道を東へかけって行った。
(第95話へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話第92話前回:第93話今回:第94話つづき:第95話
【この小説はフィクションです。特定の個人、団体とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を持たないことを宣言いたします。
あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたしますって、もう遅いか。元旦は天気が悪く瀬戸内海沿岸の当市では初日の出は見られませんでした。もう明日は成人の日ですね。まあここ瀬戸内の田舎町では明日にでも市民会館で成人式が開かれるのでしょう。初詣は地元の神社に行っておみくじを引いたら何と今年は大吉でした。去年があまり良い年でなかったので、今年は良いことがあるようにわたしも願いたいです。
さあて、今晩は、私生活で疲れた体を休めるために、夫の目の前でケツの穴を掘られる美人妻の動画で1発抜かせてもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAのアナルセックスが存分に見られる動画「軟体アナルSEX


 「う、う~ん・・・・・・」
裕子が目を開けると、そこはおりの中であった。
上の方にある窓の外は暗いから、今は深夜の時間のようだ。
いびきが聞こえたので左横を見ると、亜希が眠っていた。
「亜希さん、亜希さん!」
裕子が両手で亜希の両肩をつかんでゆすると、亜希は目を覚ました。
「はっ、裕子さん!」
「亜希さん、どうやらわたしたちは責められて気絶させられた後で、また今日もいつもの檻の中に入れられてしもたみたいよ。」
亜希はまわりを見渡した。
「そのようね。どうせ、大河内も森山もみんなわたしたちを奴隷だとしか思っていないからこうしたのでしょうよお。」
そう言うと、亜希は右手で目頭を押さえてすすり泣きを始めた。
「ど、どうしたの?」
「だって、悔しいじゃない。わたしはあなたが気絶した後であなたと同じ目にあったのよ。しかも、最後には探偵業の初歩から教えてくれてわたしを一人前の探偵にしてくれた信長所長におぞましい責めを受けてその後不覚にも意識を失ってしまったのよ。」
「それはわたしもあなたと似たような気持ちだわ、亜希さん。わたしも大阪で一二を争う総合病院の院長である名産婦人科医の楢崎先生にあんな目に合わされると思わなかった。」
そう言って、楢崎に責められた時のことを思い出すと、裕子の目にも涙が浮かんできた。
「くくくくく・・・・・・」
裕子もすすり泣きを始めた。
そうして、2人の女はしばらくすすり泣きをした後、泣き疲れてまた眠ってしまった。

 少し時間が経って、中に檻のある部屋のドアが開いた。
そして、右手に懐中電灯を持った男が入って来て、檻の出入り口の錠を開けた。
それから、男は檻の中に入って亜希と裕子を照らすと、懐中電灯を持っていない左手で亜希の肩を揺すった。
「おい、起きろ、起きるんだ、亜希!」
「う、う~、誰、もう朝なの?」
亜希は、目を開けて男を見ると、驚愕の表情になった。
「あ、あなたは!ど、どうしてここに!」
思わず亜希は叫んだ!
(第94話へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話第91話前回:第92話今回:第93話つづき:第94話
【この小説はフィクションです。特定の個人、団体とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を持たないことを宣言いたします。
今日はクリスマスイブですね。うちの隣にあるスーパーはケーキや鶏の足やステーキや握り寿司をいっぱい売っていてお客さんでいっぱいでしたわ。何せ、瀬戸内のローカルスーパー㊥の最大面積店舗ですからな。
クリスマス、ばんざーい¥(^o^)/
さあて、今晩は、私生活で疲れた体を休めるために、女刑事の二本差し動画で1発抜かせててもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAのアナルが存分に見られる動画「100人の尻穴 第1集


 裕子は排泄が終わると、しゃがんだまましばらく号泣していた。
そして、その後ろで楢崎が床にしゃがみ込み、便器の中をのぞきこんでニヤニヤ笑っていた。
楢崎は、裕子が泣きやむと言った。
「垣内君、君みたいなべっぴんがこんな臭い物を山盛りひねり出すとは思わへんかったで!」
「い、言わないで。ああ、惨めだわ!」
「裕子、惨めなのか?」
そう大河内は尋ねた。
「ああ、き、聞かないで・・・・・・」
「そうか。そんなにおまえが惨めやと感じてるんやったら、もっと惨めになってもらうでえ!」
大河内の元へ隣の部屋から拓也が入って来て、持っていた洗面器を大河内に渡した。
「楢崎先生。」
「何でっか、大河内はん?」
そう言うと、楢崎は大河内の方を向いた。
「これで、裕子のお尻の穴を拭いてやって下さいな。」
大河内は、楢崎に洗面器を渡した。
楢崎は、洗面器の中を見て驚いた。
何と、お湯で絞った手ぬぐいが3本入っていたのだ。
「ふははは。大河内さん、この手ぬぐいで裕子のお尻の穴を拭けばよろしいちゅうことですな。」
「そうですわ、ははははは。おい、裕子、楢崎院長がおまえの汚いお尻の穴を拭いてくれるさかい、院長先生の目の前で床に四つん這いになってお尻の穴をつき出せ!」
「う、うう・・・・・・はい」
裕子は、便器の横に移動すると、床に四つん這いになり両足を開き両膝を床についた格好で、お尻の穴をつき出した。
「ふふふふふ。ほな、この汚れたお尻の穴を拭かしてもらいまっせ、垣内君。」
そう言うと、楢崎はしゃがんだまま裕子のお尻に近づいて、右手で濡れた手ぬぐいをつかむと、それで裕子の肛門を拭きだした。
「ひひひひひ。どうや、垣内君、わしにお尻の穴を拭いてもらえる気分は?」
「く、悔しい・・・・・・」
裕子は、楢崎に肛門を拭いてもらう屈辱感で、床に涙をポロポロとこぼし出した。

 楢崎が裕子の肛門を拭き終わると、大河内は言った。
「楢崎先生、先生の息子は元気になりましたか?」
「ええ、もうビンビンですわ!」
「わしの息子もビンビンでっせ。」
そう言うと、大河内は袴を脱いでブリーフを脱いだ。
大河内の股間には怒張した肉棒があった。
「裕子、直立しろ!」
「はい。」
裕子は立った。
「楢崎先生、下半身を出して裕子にくっつくように裕子の目の前に行って下さい、わたしは裕子の後ろに行きますから。」
「はい。」
楢崎は、ズボンを脱いで怒張した肉棒を出してから、裕子の真ん前に行った。
そして、大河内は裕子の真後ろに行った。
「楢崎先生、少し股を開いて、ペニスを裕子のあそこに当てがって下さい。」
「な、何ですって!もしかして、わたし、楢崎先生に犯されるの?」
「そや、裕子、前は楢崎先生が気持ちよおしてくれる。それから、後ろはわしがおまえのアナルを犯して気持ちよおしたるさかいな。」
「や、やめてー!そんなことは!」
「何ゆうてんねん。さ、楢崎先生、裕子のあそこにペニスを入れて下さい、わたしは裕子のアナルにペニスを入れますから。」
「わ、わかりました。」
「そ、そんなこと、やめて上げて!」
亜希が叫んだ。
「何をゆうてんねん、亜希?」
そう大河内が言った。
「裕子さんをひどい目にあわせるのはやめてって言っているのよ!」
「おまえもわかってへんねんな。」
「な、何がわかってないの?」
「裕子を調教した後、おまえにも今裕子にやってるのと同じように調教する予定なんやんけえ。」
「う、うそー!」
「うそやない。よお見とけ!」
そう言うと、大河内は怒張した肉棒を裕子のお尻の穴に当てがった。
「さあ、楢崎先生、せーのーで入れますよ。」
「わかりました。」
「せーのー!」
次の瞬間、楢崎が裕子の花唇の合わせ目に肉棒を、大河内が裕子のアナルに肉棒を挿入し始めた。
「あ、あああ、入って来る。」
楢崎と大河内がそれぞれの肉棒を裕子の股の前と後ろにそれぞれ深々と入れてしまうと、大河内が言った。
「ほな、楢崎先生、今度はせーのーでピストン運動しましょうや。」
「わかりました、大河内先生。」
「せーのー!」
次の瞬間、2人はピストン運動を始めた。
「あ、あうーやめてー!」
しかし、2人はピストン運動をやめなかった。
楢崎は裕子の花唇の合わせ目から子宮口の間までの媚肉の中を、大河内は直腸から肛門入り口までの粘膜の間を、激しく前後運動した。媚肉と楢崎の肉棒が擦れ合い、肛門粘膜と大河内の肉棒が擦れ合い続けた。そうして、2本の肉棒が擦れ合ううちに、裕子の下半身の前と後ろに快感がこみ上げていった。
「あ・・・・・・あ・・・・・・ああ・・・・・・ああ・・・・・・・ああ・・・・・・」
裕子の体を官能の渦が飲み込んでいき、それが次第に大きくなっていった。
そうして、まもなくして、裕子は叫んだ。
「ああイクー!」
裕子は、体をけいれんさせ、媚肉肛門括約筋で、楢崎と大河内の肉棒を、前後で締め付けた。
楢崎が言った。
「ぐえー、こらたまらん、わしもイクー!」
大河内が言った。
「くわあ、わしもイクでー!」
楢崎と大河内は同時に裕子の体内に白濁を発射した。
そうして、楢崎と大河内が裕子から離れると、裕子の花唇の口と肛門から白濁が垂れた。

 大河内は言った。
「おい、森山、山岸、今度はおまえらが裕子を浣腸して排泄させてから前と後ろからやれ。その後は、とにかく全員で交代で裕子を責めるんや。裕子が根を上げるまで、浣腸とセックスとアナルセックスをやめたらあかんで。今やってるのは大河内流の奴隷調教やさかいな。」
こうして、森山と山岸、その次は銀次と遼と次々に裕子を浣腸して排泄させて前と後ろから犯していった。
3時間後、楢崎と大河内が何度目かのセックスをした後、裕子は口から泡を吹いて気絶した。

 そうして、その数時間後、何人もの男達に浣腸され排泄をして前後から何回も肉棒で責められ、さらに信長にアナルセックスをされた亜希は、口から泡を吹き出して気絶した。
(第93話へつづく)
目次へ初回:第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19話第20話第21話第22話第23話第24話第25話第26話第27話第28話第29話第30話第31話第32話第33話第34話第35話第36話第37話第38話第39話第40話第41話第42話第43話第44話第45話第46話第47話第48話第49話第50話第51話第52話第53話第54話第55話第56話第57話第58話第59話第60話第61話第62話第63話第64話第65話第66話第67話第68話第69話第70話第71話第72話第73話第74話第75話第76話第77話第78話第79話第80話第81話第82話第83話第84話第85話第86話第87話第88話第89話第90話前回:第91話今回:第92話つづき:第93話
【この小説はフィクションです。特定の個人、団体とは一切関係はありません。それから、SM小説というのは有名作家の作品でもそうなのですが誇張している部分がありますので、決して当サイトのSM小説を模倣してSMプレイをしないで下さい。当サイトのSM小説を模倣してSMプレイを行って事故が起きてもわたしは責任を持たないことを宣言いたします。
この2カ月、公私ともに非常に忙しくなかなか小説を更新することができませんでした。もうしばらく忙しいのが続くかも知れませんが、来年の初めにはこの作品も終えたいと思っております。 
さあて、今晩は、私生活で疲れた体を休めるために、今晩は女教師の二本差し動画で1発抜かせててもらいましょうか!】

↓この小説が面白かったら、応援クリックお願いします<(_ _)>
FC2ブログランキング
エログ-ランキング
AdultNovelsSearch
人気BLOGRANK
-アダルト






DUGAの浣腸・アナル責め動画「肛虐!女殺アナル地獄 弐の章 真白希実
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。